劇団スポーツへのご支援に関するご報告

この度、新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。
また、罹患された方々にはお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復をお祈り申し上げます。
コロナ禍における自粛に伴い甚大な被害に遭われた方々、医療関係やエッセンシャルワークに従事されている方々におかれましても、一日も早い事態の収束をお祈り申し上げます。

私たち劇団スポーツが2020年春に控えていた下記2本の公演は
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止になりました。

『怖え劇』
佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品
日時 3月19日〜23日
会場 花まる学習会王子小劇場

『略式:ハワイ《レクリエーション》』
オフィス上の空 6団体プロデュース
「1つの部屋のいくつかの生活#2」参加作品
日時 4月17日〜27日
会場 吉祥寺シアター

皆様にお願いをしておりましたご支援金を分配いたしましたので、ここに報告致します。

<3月末時点>

劇団スポーツ銀行口座へのご支援金

 264,013円

・グッズ販売の収益

 48,600円

 計 312,613円

この金額が当初の全体予算の57%でしたので、各出演者、スタッフに当初予定していたギャランティーの57%ずつを分配致しました。

<6月末時点>

・佐藤佐吉演劇祭実行委員会によるクラウドファンディングでのご支援
 218,719円

・グッズ販売の収益

 17,700円

 計 236,419円

これらを下記の通り分配致しました。

 ・本公演運営費
 稽古場台、案内状送付、チラシ印刷、発送などの宣伝費

 122,406円

 ・自粛期間中の活動費
 Webサービス利用費
 グッズ作成費
 ホームページ維持費

 69,599円

ギャランティーの受け取りを辞退された方や減額を申し出られた方がいらっしゃいましたので、その分の金額を分配を終えて残った金額と合わせると92,635円になります。

このお金は劇団運営、次回以降の作品製作の資金とさせていただきます。

以上


誰もが厳しい状況にある中、皆様にこれほどのご支援を頂いたことに劇団員一同、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

劇団にできること、演劇にできることを模索して頭をかきむしる日々ですが、近いうちに皆様に作品をお届けできるよう活動しています。楽しみに待っていてくだされば幸いです。

再びお会いできるのを楽しみにしています!

劇団スポーツ
内田倭史

【主宰・田島実紘から挨拶とご支援のお願い】

このたび、コロナウィルスの感染拡大防止のため「怖え劇」が中止の運びとなりました。

「怖え劇」は公演直前に脚本家が失踪したとある劇団の話で、公演中止にするかどうか議論をする場面から始まっていました。
王子小劇場から公演中止の電話があった翌日、僕らは稽古場に集まり俳優と一緒に公演中止について話し合いました。
そこには、「本当に怖え劇みたいになっちゃったね・・ww」というような冗談を言っても良いかどうかという緊張感が場を包んでいたのを、僕だけが感じていました。

話し合いは一時間ほどで終わり、中止にしようという結論が出て、飲みに行く流れになりました。僕は、「感染拡大防止のために公演を中止にしたのに、不要不急の飲み会をすることは主宰としては容認できない」というようなことを言いました。そしたら俳優たちが、「じゃあ友達として飲みに行こうぜ!俺たち友達だろ!」と、エモすぎることを言ってくれました。大好きだお前ら。エモエモだ。その理屈通ってんのかよくわからないけど、とにかくエモい、飲みに行こう。森さんだけは悲しげに笑って遠巻きにその様子を見ていたので、僕は森さんとはまだ友達になれなかったんだなと思ったけど、そんなことはもはやどうでも良い。エモい、飲もう、エモ飲みだ。

早稲田の学生街で四時間くらい飲みました。普段はビール3杯で酔っ払う僕ですが、たまにはいいだろと思いビールを3杯飲みました。見事に酔っ払いました。夜11時、写真を撮って、解散。ごめんなみんな、こんなはずじゃなかったのに、ちゃんと公演やって終わりたかったのに、「怖え劇」面白かったのに、本当に傑作だったのに、やってたら岸田取れたのに、ヨーロッパツアーとかできたのに、高円寺にパン屋さん開けたのに・・ごめんな・・ごめんな・・何に対して、誰に謝ってるのかよくわからないけど、ごめんな・・・・・・
翌朝、若干二日酔いで起きて、水を1杯飲みました。頭痛が引いてクリアーになっていく頭で僕はなんとなく一つのことを思っていました。

「・・・エモいとか言ってる場合じゃねぇー・・・」

いや、エモに罪はない。昨日はエモかった、いや、多分僕が現実逃避で勝手にエモくなってただけなんだけど、まぁそれは別にそれでいいんだ。でも僕は、「劇団スポーツ」という団体の主宰なわけで、それに伴う責任というか、仕事はきちんと果たさなければならないと思う。具体的にはお金の話しだ。このままじゃ「やべえ主宰」になってしまう。何か打つ手を、お金を集める方法を考えなければ・・。

他の劇団が「損害額」としているのは、主に俳優、スタッフのギャランティー、また、衣装や小道具、舞台美術を作るのにかかったお金だと思われます。(他にも舞台は諸々お金がかかります)私たちは幸い、と言って良いのかわかりませんが、中止が決定した時点で本番まで20日ほどあり、舞台美術や衣装、小道具といったものに関しては制作する直前の段階だったためお金がそれほどかかっておりません。しかし、俳優、スタッフのギャランティーや、チラシを作る際のお金などが約60万円ほどかかっています。

そこで私たちは少しでもこのお金を集めるために、スポーツの口座を公開し支援金を集めるとともに、オンラインショップでのグッズ販売を行うことにしました。詳細はホームページをご覧ください。
俳優やスタッフの中にはフリーランスで仕事をしていて、今月多くの舞台が中止となり収入がゼロになってしまう方が多数いらっしゃいます。私たちがギリギリ60万円という金額で踏みとどまっているのは、王子小劇場が劇場費を負担してくださっているからです。これが当然のことであるかどうかという議論は一旦おいておいて、助かっているのは事実です。
コロナウィルスの影響で劇団が、俳優が、スタッフが潰れないように、僕たちは主宰として彼らに少しでも多くのギャランティーを払いたいと考えています。が、なにぶん小さな劇団で、60万円というお金さえも払える余裕がありません。そこでどうか皆様にご支援いただけないでしょうか。

ここまで、身勝手な話しだったと思います。不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。でも、うちのチラシやグッズはすべて内田がデザインをてがけており、評判が良くかっこ良いものしかありません。懇願という手しかないことを情けなく思いますが、もしお気持ちがある方がいらっしゃいましたら、何卒ご支援のほどよろしくお願いいたします。

劇団スポーツ主宰 田島実紘

もしご支援してくださる方がいらっしゃいましたら、
下記の口座にお振込みしていただけますと幸いです。

振込先銀行:ゆうちょ銀行
支店名:〇一八支店
口座種別:普通
口座番号:8989068
口座名義人:劇団スポーツ

グッズ販売に関しましては、
後日公式ホームページ・Twitterにてお知らせいたします。
今しばらくお待ちください。
何卒ご支援のほどよろしくお願いいたします。 

劇団スポーツ

劇団スポーツ「怖え劇」公演中止のお知らせ

佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品 劇団スポーツ「怖え劇」 公演中止のお知らせ

日頃より劇団スポーツを応援してくださり、ありがとうございます。
劇団スポーツでは佐藤佐吉演劇祭2020参加作品として「怖え劇」の上演を予定しておりましたが、本日2月29日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、佐藤佐吉演劇祭2020の3月3日(火)以降に予定されていた全参加団体の上演中止が決定いたしました。

【佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品 上演中止のお知らせ】
https://en-geki.blogspot.com/2020/02/2020_29.html

それに伴い、劇団スポーツ「怖え劇」の上演を全日程中止とさせていただきます。
できる限りの対策を講じつつ、稽古を続けていた中での中止となり断腸の思いですが、劇団としては佐藤佐吉演劇祭実行委員の意向を支持し、上演中止の判断に至った次第です。

楽しみにしてくださっていた方々には心からお詫び申し上げます。
「怖え劇」上演の目処は立っておりませんが、いずれ皆様にお届けできるよう活動を続けてまいります。
何卒、ご理解賜りますようよろしくお願い致します。

ご不明な点がございましたら、お手数ですが
gekidansport@gmail.com
までお問い合わせください。

劇団スポーツ