【公演中止】#8 『怖え劇』

佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品
劇団スポーツ「怖え劇」 公演中止のお知らせ

日頃より劇団スポーツを応援してくださり、ありがとうございます。
劇団スポーツでは佐藤佐吉演劇祭2020参加作品として「怖え劇」の上演を予定しておりましたが、本日2月29日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、佐藤佐吉演劇祭2020の3月3日(火)以降に予定されていた全参加団体の上演中止が決定いたしました。

【佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品 上演中止のお知らせ】

それに伴い、劇団スポーツ「怖え劇」の上演を全日程中止とさせていただきます。

できる限りの対策を講じつつ、稽古を続けていた中での中止となり断腸の思いですが、劇団としては佐藤佐吉演劇祭実行委員の意向を支持し、公演中止の判断に至った次第です。

楽しみにしてくださっていた方々には心からお詫び申し上げます。
「怖え劇」上演の目処は立っておりませんが、いずれ皆様にお届けできるよう活動を続けてまいります。
何卒、ご理解賜りますようよろしくお願い致します。

ご不明な点がございましたら、お手数ですが
gekidansport@gmail.com
までお問い合わせください。

劇団スポーツ

劇団スポーツ #8
『怖え劇』

概要


あらすじ

公演初日。台本4ページ。

ト書き 男1、急いでクローゼットを開けて
    ジャケットを取り出す。

―ちゃんと覚えている。

半ページに渡って、この作品には
必要とは思えない妻との何気ない会話を
したあと、僕は遅刻を恐れ、
焦ってジャケットを取り出す。

妻「あなた、遅刻じゃない?」
男1「しまった、もう7時を30分も
 回っているじゃないか!」

段取り通りにクローゼットを開ける。
稽古で、リハーサルで幾度となく開けてきた
クローゼット。

今日はなにかおかしい。何かが違う。
ふと視線を感じる。

袖幕の奥、何かが僕を見ている。
共演者じゃない、
スタッフでもない、
人間じゃない、

何かが。

劇団スポーツがお送りする戦慄ホラーコメディ

日程

2020年3月19日(木)〜23日(月)

会場

花まる学習会王子小劇場

スタッフ/キャスト


【作・演出】
内田倭史 田島実紘

【出演】
内田倭史 田島実紘 竹内蓮 大中喜裕 甲野萌絵 タナカエミ てっぺい右利き 土日梁 三宅もめん 森耕作 髙久瑛理子

【スタッフ】
演出助手:hondayumika(はりねずみのパジャマ)
舞台監督:水澤桃花(箱馬研究所)
照明:佐藤佑磨  
音響:大嵜逸生
美術:石橋侑紀(シラカン)  
美術補佐:前田和香
宣伝美術:内田倭史
制作: 田中遥
制作協力:中島梓織(いいへんじ)
協力:早稲田大学演劇倶楽部
企画・製作:劇団スポーツ